Archive for 6月, 2010

段ボールが生まれ変わる

リサイクルの目的は、新たに資源を用いないことで環境破壊を抑制することです。
地球に優しいということですね。

段ボールや新聞紙の古紙としての回収率はなんと90パーセントだそうです。

これほど高いって、意外じゃないですか?
正直もっと低いものだと思っていましたが、
ゴミの分別や有料化に伴った実績かもしれません。

ところで、段ボールは何に生まれ変わるか知っていましたか?

私も気になって調べてみたのですが、
ほとんどの場合、再度同じものとして再生されているようです。

ということは、日本中、あるいは世界のあちらこちらを回っているので、
旅をしてるような感じになると思います。なんだか羨ましい話です。

そうやって考えると、手元にあるものも
また世界中に送り出したいという気持ちになってきます。

再利用の良い点は材料が既に揃っているということで、
コスト的にも安く上がるということです。

一時期、新聞紙などは漂白や再利用できる状態にするための
コストがかかると言われていました。現在はどうなのでしょう?

あまり声が聞こえなくなってきましたので、
その辺は解消されたのかもしれませんね。

昔は古紙回収車が回って、
重量によってトイレットペーパーと交換してくれましたが、
最近は見かけなくなりました。

その頃からリサイクルがされていたということでしょう。

当時は段ボールはあまり見られなかったような気がします。