Archive for 7月, 2011

段ボールリサイクルの考え

段ボールのリサイクル団体があるようですが、そこではリデュースやリサイクル、リユースを考えているようです。つまり、それらが上手く回るように考えていると言うことですが、これは個々の家庭でも便利になってくるというものです。

例えばゴミとして出しやすいようなたたみやすいものを紹介し、段ボールを取り入れている多くの方に情報提供をしたり、回収されてどのような流れで新しい箱物が作られているかといったことも数字に出して報告されています。

数字として出ているので、環境にどのくらい配慮しているかがわかるのですが、各原紙工場や段ボール製造メーカーにも恐らく、直接的でなくても結びついていると思いますので、数字としての確率は高いものではないでしょうか?

どのくらい回収してどのくらい再生し、どのくらい製品として出しているかの数字を把握すれば、わりと正確な数字ということになりますよね?

紙の多くに再生紙が使われている昨今、伐採される木々が減り、植林活動も多くの地域や団体の手によって行われています。昔々の姿に戻るということは無いでしょうが、自然を破壊せず、人間にも優しい森や林となってよみがえってくれるとうれしいですね。

私個人としては杉花粉がどうにかならないかなと考えたりはします(笑)。

使い回しの違い

「使い回し」素敵な言葉です。

要らなくなったら欲しい人に使ってもらう。これはリユースと言います。
中古家具のお店やリサイクルショップがやっているものですが、個人間でそれをやると、顔が見えるだけに安心感があります。

一方、段ボールのように一度ゴミとしてだし、溶かして加工し、再び私たちの元に戻ってくることをリサイクルといいます。

どちらも次の使い手がいるという点では同じですが、別のものに変わる、形は変わらずそのまま使ってもらうということで「リユース」と「リサイクル」に分かれるのです。

一般に使い回しというと、お古を誰かにという意味合いで捉えますが、渡すことを考え大切にすればするほど、持ちは良くなると思います。例えば、子供服ならシミをつけない、ついた時点ですぐに落とすといった具合です。「可愛いのにもったいないね!」という言葉ってありますよね?

段ボールは再加工してもらいやすくするため、私たちの手で不純物を取り除かねばなりません。

テープや接合用平線など段ボールをつないでいるものや、付着しているビニール、布など、原紙と異なるもの全てを剥がす必要があります。

個人的に思うことがあります。
通販の商品送料が安くなるとなれば、こぞってそれをやってくれるのでは?」