Archive for 10月, 2011

買い物かごは買いません

買い物かごを持ってスーパーへ行く。
レジ袋も必要としないので立派なエコ活動だと思います。

私の場合、一時期大型のかごを持っていたことがあります。サイズはスーパーのそれと同じで、使い古したら新しいものと交換してくれるというものでした。

しかし、今では使っていません。

今使っているのは小さくたためるエコバッグや段ボールを活用しています。

以前使っていたかごは、古くなれば新しいものに替えてくれるという画期的な取り組みがされているものでしたが、処分のことを考えるとゴミ焼却の際に燃料費がかかるかもと思ったので、今は使っていないのです。実際はどうなのか分かりません。

ただ、汚れたときには、すぐに洗濯できる布バッグと、捨てられる段ボールを使っているというだけです。段ボールだと私が捨ててもきちんと回収され、再生されて再び戻ってきます。

どうせなら、洗わずに済む、たたんでしまえる、汚れも気にならないというものが良いかなと思っただけですが、車移動しているので可能なのでしょう。

車と言えば、昨日友人と話したのですが、近々自転車を購入予定なのでダイエットも兼ねてエコを意識したいと思っています。私の脂肪はどんどん燃焼されて必要以外は消えて欲しいですね(笑)。

段ボールに足を突っ込んで

昔テレビで見たことがあるのですが、究極の節約生活をしている家族の話がありました。

お風呂の水は薬草を入れていた感じで、毎日は取り替えず、色もかなり変色していましたが家族一同使っているとのことでした。

寒い冬には男性陣もズボンの上からロングスカートを着用し、暖房費にお金をかけることはなかったようです。

こうやって書いていると「この一家は貧乏?」と思われるでしょうが、日常の当たり前の生活がそうというだけで、旅行などもされているということでした。貧しい一家というわけでは無かったようです。

女性用のロングスカートって保温性に優れているの知ってましたか?これは真冬には男性にお勧めしたい部屋着かも知れませんよ。

さて、こうやっている間にもいくら暖房が効いているとはいえ、机の下はひんやりしています。暖かい空気は上に上がるといわれていますので仕方ないと思いますが、机下に段ボールが置いてあるとかなり暖かいと思います。

勿論、その中に足を突っ込んでしまうのですが、自身の体温でポカポカしますし、中に足で踏んづけても構わないフリースの布を入れておくと更に暖かく、暖房費の節約になると思います。

ただし、足が拘束されている形になりますので、動きや立ち上がりの際は、十分に気をつけましょう。