Archive for 1月, 2012

SEOと現在

SEOとはホームページの集客では必須なものです。

「エスイーオー」や「セオ」。どちらの呼び方でもいいですが、正式には「サーチ・エンジン・オプティマイゼーション」というものになります。

ということは検索エンジンに直結しているものです。

なぜ検索エンジンに直結するものだと思いますか?

答えは簡単です。

もしあなたが、知りたい言葉を検索ボックスに入れたとしましょう。

そこにはたくさんの候補がズラッと出ているはずです。候補に上がったサイト(ホームページ、ブログ、PDFファイル、メールマガジンなどインターネットを介してアップされた情報)ということになります。

どんなに有益で、素晴らしい情報を提供していても、不特定多数の方が検索ボックスに入れた言葉から、結果として表示されなければ、埋もれるばかりです。誰も見てくれません。

それが商品販売のためのものだったらどうでしょう?

世界中のサイトの中で誰も見てくれないのです。誰もいない砂漠にぽつんとお店を構えているようなものです。かなり寂しいですよね?

そうなるとお金と時間を費やして作ったホームページやショップは無駄。経費ばかり食ってしまうというふうになります。最悪なのが、誰も来ないので更新もせずに作って放置することです。ゴミをかぶった古いお店と化してしまうのです。

ですので、SEO対策が必要ということになります。

ダンボールと一言入れても沢山の検索結果が表示されます。

ライバルから打ち勝つには、常に新しい情報を提供して、生きていて活気のあるサイトを目指さなければなりません。

検索エンジンに拾ってもらうには、それなりの努力が必要なのです。

数年前までは何でもいいので、キーワードさえ沢山入れ込んでいれば検索エンジンに拾ってもらえました。そのためには、たくさんの言葉、漢字、ひらがな、カタカナ、英語も混ぜました。

今の検索エンジンは正直、人間よりも頭脳的に優れていると思います。

ひらがなで検索しても、漢字やカタカナ、はたまた英語でも検索結果として表示されるようになっています。

まさしく進化なのです。

現在のSEO対策で一番なのは、きちんとした有益な情報が提供できることと、内部SEOをしても良いサイトとして検索エンジンに認めてもらえることです。

キーワードにそった内容、適切なリンク先であるか、有益な情報であるかという点を重視しているように感じます。

自動記事作成ツールは間違いなく検索エンジンから外されるとも言われれいますね。それで作ったものはインチキで、オリジナルではないからです。