Archive for 12月, 2012

ダンボール家具はとてもエコ

今ダンボール家具がとても増えています。
特別な専門店などでなくとも、インターネットで検索するとダンボール家具はとてもたくさん売られていることがわかります。

誰もが知ってる大手通販会社や、メーカーでもダンボール家具は販売されていてとても人気があるそうです。

ダンボール家具はもちろんダンボールでできていて今はカラーダンボールなどもあるのでカラーでカラフルなダンボール家具もたくさんあります。

そしてダンボール家具はダンボールですが思っているよりも丈夫で、軽く、部屋の模様替えなどのときは便利ですね。
もし小さなお子様が転んだりしてぶつけたとしてもダンボール家具だとケガになることなくクッション性がありますから安心です。
見た目にもダンボール素材は意外とおしゃれでとても人気があるようです。

使わなくなったときや汚れてしまったときなどはリサイクルに出すことができるのでダンボール回収の日に出すことで有料の大型ゴミの日に出さなくても良いのでエコでさらに経済的です。

ダンボールは湿度をすいとったり保温をしたりする効果があり、ダンボールが多くあいてある家では暖房の熱を吸収しあたたかくなる効果もあるのでエコですね。

ダンボールを家具として家具の形にして販売してくれてるものを購入するとガムテープなどでくっついてるわけではないですし、素材として自然なので普通の家具とそんなの変わりはなくむしろ個性的でかわいいという感想を持つ人が多いそうです。

縫ってあるダンボール?

ダンボールというとガムテープで留めてあるものが主流ですが重たいものが入っていたり家具が入ってるダンボールは金具で止められていたりします。
その金具を取るとするのは意外に大変でひとつひとつを取ってダンボールを畳むまでに時間がかかってしまいます。
しかし、それでもガムテープでは強度が足りなく不安だということがあるので金具が使われるわけですが最近では金具ではなく糸で縫われているダンボールもあるのだそうです。

ガムテープでもなく金具でもなく糸で縫われたダンボールを見たことがありますか。
とても便利なものではその糸を引っ張るだけですべての糸がダンボールから解けてダンボールがパタンと畳むように設計されたダンボールもあるそうです。

それだけで時間の短縮にもなりますし、金具ではなく糸を使うことでエコですし、金具取りにてこずっていた家庭や業者も糸の法が取りやすかったりして便利ですね。

ダンボールを縫うということはあの丈夫で厚いダンボールを縫うということですから普通のミシンではもちろん縫えませんよね。
ダンボールの縫合専用の業者があるようです。

鉄を使うよりも糸を使ったほうが安全ですし子供が手を引っ掛けてしまう心配もありませんし安心かもしれませんね。