Archive for 4月, 2013

クリスマスのオーナメント

クリスマスの季節が近づくととてもワクワクした気分になり、街は活気で満ち溢れ、たくさんのお店では様々な飾りつけやディスプレイがされるものです。

一年の様々なイベントの中でクリスマスシーズンが一番街の中が華やかになりイルミネーションなども登場してクリスマスがやってくる!という気分になりますよね。

みなさんはクリスマスツリーを飾りますか。
クリスマスツリーは今様々カラーで登場し、オーソドックスな緑のもみの木や白いもみの木も今でも人気がありますが赤いもみの木やピンクのもみの木なども登場してとても華やかでおしゃれです。

オーナメントもとてもキレイで大きく輝くものもあり、おしゃれなものから子供向けのかわいいものまで様々なオーナメントがあります。

オーナメントだけで別売りされていたり別売りのセットなどにもなって売っていますが、それらを保管するために入れ物が必要ですよね。

そんなときはダンボールを活用しましょう。
適当な大きさのダンボール箱にオーナメントを入れて保管するとオーナメントたちを傷み付けることもなく完全な状態で保管できることと、夏の湿気や防虫対策にもダンボールは適しているので次の冬までしっかりとオーナメントたちを守ってくれます。
クリスマスにそのダンボールを開けることが楽しみになりますね。

ダンボールとみかん

たくさんの食材がありますが、ダンボールにたいていのものは入って運ばれてきます。
ダンボールに入れられてくるのにはそれなりの理由があります。
ダンボールは野菜などたくさんのものを入れることができ、さらに保温性にすぐれているので常温状態が保たれたままで目的地まで運ぶことができます。
さらに防虫効果も比較的高く、ほどよい通気性もあるので野菜や食材たちが良い状態で運ぶことができるのです。

ダンボールに入ってる食べ物…と思い浮かべると何を思い浮かべますか。

みかんは昔からダンボールに入れられた状態で打ってる箱みかんがありますよね。
中にはひとつふたつ腐ってしまったりしますがそれでも室温が低いところにおいておくとかなり日持ちします。

冬よいえばコタツにみかんが置かれてる家も多いかもしれませんね。
みかんを入れるカゴがあって、そこに常にたくさんのみかんが入ってて、コタツでみかんを食べる冬。

そんな情景は日本の良き冬の過ごし方のひとつでもありますね。
カゴにみかんがなくなってしまったらあたたかいコタツから出て寒い場所にみかんを取りにいくのがイヤだったなんて子供の頃の思い出がありませんか。

ダンボールにはいったみかんは今でも日本中で愛され毎年スーパーなどで箱積みされています。
ダンボールの中で保管されるみかんを今年も食べませんか。