リサイクルされたもの

古紙回収にきましたという拡声器からの声が近所に響き渡ることがあります。
そんなときはきょうなのかと古新聞や古雑誌やダンボールを出して資源回収、古紙回収してもらいます。

その古紙たちはどのようにリサイクルされているのでしょうか。

リサイクルされた古紙たちはまた紙になります。
再生紙として学校などのプリントとして使われていたり、再生紙でできたトイレットペーパーや再生紙でできた紙コップや紙トレイ、再生紙でできたらくがき帳などリサイクルされた古紙たちはしっかりと紙としてまた活躍します。

ダンボールはダンボールとして再利用されます。
一度溶かして古紙と融合させてリサイクルダンボールとして再利用されます。
しかし、新品のものより強度が落ちてしまいます。
それでもリサイクルダンボールでもかなりの需要があり、普通にダンボールとして活躍しています。

汚れてしまったダンボールやリサイクルされすぎて役目をおえたダンボールたちは古紙と同様になり、髪の再利用として様々なものに使われているということです。

紙を再利用することで森林伐採に歯止めをかけ、地球にある環境や地球の資源たちを守ることになるのでたくさんの人たちの少しの意識で地球は大きく変わることでしょう。
地球を人間が守っていかなくてはいけませんよね。

衣類を入れよう

一年に二回は最低でも衣替えの季節がやってきます。
秋冬、春夏と2回はある衣替えシーズン、その衣類たちをどう保管していますか。

衣装ケースなどに入れてる方が多いかもしれません。
衣装ケースは便利でポピュラーな衣類の保管方法ですよね。
しかし、壊れてしまったときなど衣類ケースは意外と捨てるときに困ります。大きなプラスチックなので資源になり、プラスチックもリサイクルされますがもっと手頃なものでも代用できます。

それはダンボールです。
ダンボールはプラスチックほど頑丈ではないのですがそれでもダンボールは衣類を入れることができます。
収納力もありますからしっかりと入れることができるのです。
押し込みすぎると衣類が潰れてしまうので注意しましょう。
湿気取りシートや防虫剤も入れると保管状態はさらに良くなります。

衣替えのときに衣類を出して去年と同じ状態にしておきたいですよね。
衣替えをすると気分もその季節になるんだという気持ちになるものです。気分を切り替えてスッキリするそんなきっかけにもなりますよね。

お子様がいたり家族が多いかたはそれだけの衣装ケースを用意するのも大変です。ダンボールだと中身を取り出してしまえば畳むこともできますし、リサイクルに出してしまってまた衣替えの季節になったらダンボールを入手するでも良いでしょう。
衣替えにダンボール使ってみませんか。

ダンボールで作って!

パパママ作ってという本があるのをご存知でしょうか。
子供がパパやママに工作を作ってもらう用の本なのですが、それにダンボール工作に特化した本がシリーズ化して販売されいます。

それだけ子供たちにとってダンボール工作が身近でうれしいということですね。

ダンボール工作のノリはコーンスターチなど安心の材料であり、金具なども使わないので子供が遊んでもし壊してしまってもケガをする心配がほどないので安心です。

パパとママに作ってもらった工作は世界でひとつしかない自分のためのものというのが子供であってもわかります。だからこそ大切にしてくれるのです。

今はダンボール工作ができるキットなどもありますし、簡単に組み立てるだけでダンボールハウスになるキットもあります。
それらに自由におえかきをさせたりカラーリングをしたりするのも子供たちはとても楽しいと思いますよ。

子供たちに自由の発想をもたせることは良いことですよね。創造性が膨らみ子供たちの創作意欲も増します。
決められた範囲での遊びばかりではなく自由な発想が働く工作も良いのではないでしょうか。

使い終わったあとはダンボールはリサイクルに出しましょう。リサイクルによってまたダンボールに生まれ変わります。
遊んだものがまた遊ぶ素材になる。それってすごいことですね。

リサイクルの王様

ダンボールはみなさんどんな方法で処分していますか。

ゴミの分別化がすすみ細かい分別をしてる自治体がほとんどになりました。
そうすることでゴミもムダにすることなく素材として使えるものは再利用しようという動きがあるということです。

ペットボトルや古紙、プラスチック類やダンボールはリサイクルをして再び素材となり物として人々の生活に役立てることができるのです。

そんなリサイクル素材の中でもリサイクルの王様といっていいほどのリサイクル率を持つのがダンボールです。

ダンボールは今古紙回収や電器店、スーパーなどに設置されているダンボール回収ボックスなどでしか回収を行ってくれません。
燃えるゴミでは回収しないという地域や雑紙の日でも回収はしないという方法がとられている自治体が多く、ダンボール回収はダンボールに特化した日で回収されたり資源の回収として回収に回っていたり、町内会や学校などで回収を呼びかけることもあるでしょう。

昔はトイレットペーパーなどと交換してくれましたが今はあまりそういったサービスは見かけなくなりました。
しかし、資源を回収することでお金に換金して町内会や学校で資金として集めてるところもあるそうです。

ダンボールはダンボールとして7回生まれ変わるといわれています。ダンボールはリサイクルの王様なのです。

子供にもエコ体験

いつの時代でも子供たちは工作が大好きではありませんか。自分の好きなように作る工作であればあるほどに子供たちはとても喜びますよね。

今はいろんなおもちゃや工作キットが販売されていますが、子供たちのそんな遊びにエコを取り入れてみませんか。

子供たちにとってダンボール工作は楽しいものだと思います。
ダンボールは自由な素材であり、与える側の親としてもダンボールは安心できる素材です。

親がはじめにいろんな大きさにカットしてあげることで小さな子供たちもダンボール工作に取り組めることでしょう。

ダンボールとガムテープを与えることで自由に大きいものも小さいものも作ることができますよね。
なかなかダイナミックな工作は作ることが普段はできませんから子供はうれしいでしょう。
ダンボールであればすぐに手に入れることができるので大きくなるほどの工作が簡単に作れますよね。

作って数日はそれで遊び、その後は飽きてしまったらリサイクルに出すことができるのもうれしいですね。
大型のものはいまやゴミに出すのも有料化してしまったので普通のおもちゃだと出すのが大変ですがダンボールだとリサイクル回収に出すことができるのが便利です。
ダンボールはリサイクル回数が多い素材なので雑紙などの古紙の日に出さずにダンボール回収や資源回収のときに出すようにしましょう。

最期にエコ活動を

ダンボールでできたお棺があることを知っていますか。
最期を送られる故人をダンボールに入れるなんてと思う方もいるかもしれませんが、ダンボールをバカにしてはいけません。
ダンボールはとても丈夫でお棺にも使われるくらいの素材だということです。

お棺が桐でなくてはいけないなんて決まりはありませんし、実はダンボールのお棺も金額的に安いと言えるようなものではありません。
人間の先入観というのは時に乏しさを感じるもので、お棺がダンボール製だからかわいそうという考え方にちょっと待った!です。

ダンボール製といってもきちんと木目調になっていて見た目にダンボールだとわかる人はいないかもしれません。
しかし持ったときの軽さでわかる方もいるかもしれませんね。

故人がエコを積極的にやってた人ならば最期に森林伐採の深刻な問題に儚いながらも協力することで最期を迎えても良いのではないでしょうか。
ダンボールもパルプ材からできていますので森林には関係ありますが普通のお棺の金額と木材を考えるとダンボールのお棺の方がエコをいえます。

ダンボールだって立派な素材であり、お棺であることには変わりません。
ダンボールのお棺だからといってかわいそうなわけではありません。

ダンボールの新たなる挑戦の形のひとつです。
これからの葬儀の中でダンボールのお棺が増えていくことも考えられるでしょう。
それは恥ずかしいことではなく、最期のエコ活動です。

ダンボール家具はとてもエコ

今ダンボール家具がとても増えています。
特別な専門店などでなくとも、インターネットで検索するとダンボール家具はとてもたくさん売られていることがわかります。

誰もが知ってる大手通販会社や、メーカーでもダンボール家具は販売されていてとても人気があるそうです。

ダンボール家具はもちろんダンボールでできていて今はカラーダンボールなどもあるのでカラーでカラフルなダンボール家具もたくさんあります。

そしてダンボール家具はダンボールですが思っているよりも丈夫で、軽く、部屋の模様替えなどのときは便利ですね。
もし小さなお子様が転んだりしてぶつけたとしてもダンボール家具だとケガになることなくクッション性がありますから安心です。
見た目にもダンボール素材は意外とおしゃれでとても人気があるようです。

使わなくなったときや汚れてしまったときなどはリサイクルに出すことができるのでダンボール回収の日に出すことで有料の大型ゴミの日に出さなくても良いのでエコでさらに経済的です。

ダンボールは湿度をすいとったり保温をしたりする効果があり、ダンボールが多くあいてある家では暖房の熱を吸収しあたたかくなる効果もあるのでエコですね。

ダンボールを家具として家具の形にして販売してくれてるものを購入するとガムテープなどでくっついてるわけではないですし、素材として自然なので普通の家具とそんなの変わりはなくむしろ個性的でかわいいという感想を持つ人が多いそうです。

縫ってあるダンボール?

ダンボールというとガムテープで留めてあるものが主流ですが重たいものが入っていたり家具が入ってるダンボールは金具で止められていたりします。
その金具を取るとするのは意外に大変でひとつひとつを取ってダンボールを畳むまでに時間がかかってしまいます。
しかし、それでもガムテープでは強度が足りなく不安だということがあるので金具が使われるわけですが最近では金具ではなく糸で縫われているダンボールもあるのだそうです。

ガムテープでもなく金具でもなく糸で縫われたダンボールを見たことがありますか。
とても便利なものではその糸を引っ張るだけですべての糸がダンボールから解けてダンボールがパタンと畳むように設計されたダンボールもあるそうです。

それだけで時間の短縮にもなりますし、金具ではなく糸を使うことでエコですし、金具取りにてこずっていた家庭や業者も糸の法が取りやすかったりして便利ですね。

ダンボールを縫うということはあの丈夫で厚いダンボールを縫うということですから普通のミシンではもちろん縫えませんよね。
ダンボールの縫合専用の業者があるようです。

鉄を使うよりも糸を使ったほうが安全ですし子供が手を引っ掛けてしまう心配もありませんし安心かもしれませんね。

ダンボール花壇なんてどうでしょうか

ダンボールというと水に弱いというイメージがありますが、今は耐水性のダンボールがあるのをご存知でしょうか。
耐水性のダンボールはとても便利です。
今まではダンボールというと室内でしか使えないものという感覚でしたが耐水性のダンボールを使えば使える幅がひろがりますよね。

エコな取り組みとして今ダンボール堆肥などをしてる方が多くいらっしゃいますが、その堆肥自体を耐水性のダンボールで行えばそのままダンボール堆肥を利用して植物を育てることができます。
ちょっとしたマンションのベランダで耐水性のダンボールがあればベランダで植物を育てることも可能です。
園芸用の土を入れて、ダンボールに余分な水が抜けるように底に数箇所穴をあけておくと良いですね。
外に保管したいものがあれば耐水性のダンボールを利用することで専用のものを購入しなくても良しとなるでしょう。

ダンボールはいろいろなことに使えて不要になったらリサイクルに出せるというところがエコでもありますし、使うほうにとってみても処分に困らないので安心ですね。

水に強いダンボールもできたことでダンボールを使い道も拡がりなにに使おうかと考えるのも楽しくなります。

ダンボールで出来た花壇が主流になるなんてことも今後あるかもしれないですよね。

エコという取り組み

とても便利な世の中になりましたが、その影で犠牲になり続けてるものがあったりもします。
地球にはたくさんの資源がありますが、その資源にも限界があるといわれています。
最も早く無くなってしまうだろうといわれているのが石油です。あと30年もすると世の中からガソリンはなくなってしまうだろうと言われています。
他にも石炭もなくなってしまうだろうと言われていますが他にも地球にあるものたちは人間の便利さの影で犠牲になってきました。

今になって地球を守ろうと取り組みが本格化し、全世界でエコへの取り組みがされている中、日本でも近年では国単位でエコへの取り組みをしています。

その中の大きなひとつの取り組みとしてリサイクルがあげられるでしょう。
リサイクル…再利用することで新たな資源を地球から取らなくとも新たに作ることができるのです。
ダンボールはとてもリサイクル率が高いもので、リサイクル回数も多く再利用できる回数も多いです。

ダンボールは世界中の流通に欠かせないものですが、新品が全体で使われるとすると森林伐採の問題が深刻になります。しかし、ダンボールをリサイクルに出すことでダンボールは7回もダンボールとして生まれ変わることができるのです。
ダンボールはとてもエコな素材といえるでしょうね。